FC2ブログ


とうとう?!facebook広告に、Amazonが進出

システム屋の知恵袋

とうとう?!facebook広告に、
Amazonが進出しているわ Σ(○Д○ノ)ノ ワオッ!!

facebookユーザーの基本データや日々の投稿・いいね!など、
動向より個人の嗜好を収集している。


facebook広告は、
その収集された情報を基に、
パーソナライズ(ひとり一人の趣味・嗜好、行動パターンに最適化)された広告を表示している。


他の人には、
全く異なる広告が表示されている。

だから、私の画面には、
女性ものの化粧品やフッションの広告は表示されない!

→Amazonの広告も、前から他の人には見えていたのかも (; ^ω^)


表示されているAmazonのトランシーバーやカメラのレンズは、
一度もAmazonで閲覧したことも検索したこともないが、
おそらく広告のターゲット層を、
40代男性が含まれているのだろう。


Amazonが、
今後、このfacebook広告に本格的に乗り出してきたら、
ネットショップオーナーの広告戦略が大きく変わるかもしれない、
脅威に成り得ることかもしれない。

→既製品の販売では、
超大手のAmazonと販売価格、送料、クレジットカードなどの手数料、
それに、

Amazonとfacebookが、直接やり取りをされると、
ブログで商品を紹介されなくても良い状況になってくる。
アフィリエイターにとっても、気になることではないだろうか?
気になって広告をクリックすると、
http://www.amazon.co.jp/dp/B005VM2GLI?tag=hydfbook-22&ascsubtag=JP-SAGE-1368613713970-HYGGO
のように、

tag=hydfbook-22と、
トラッキングIDが挿入されている。


Amazonの書籍を紹介しようとシェアすると、
このタグ「hydfbook-22」が追加されるようだ。

hydfbook-22」とは、
facebookの日本のAmazon法人アカウントだというトラッキングID。

22とは日本のこと。
アメリカが20で、英独仏伊西が21だそうだ。

よって、アフィリエイト広告収入は、facebookに入る事になる。


<まとめ>
今回、表示されていたfacebook広告は、
facebookユーザーの名前が記載されておらず、
シェアされた投稿から作成された広告ではないので、

タイトルの通り、
Amazonが広告を掲載している可能性があるものの、

すべてのfacebook広告のAmazonに関する広告が、
Amazonを出しているのでないということ。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

revoblog

Author:revoblog
Web(PHP Flex),Microsoft Accessのスペシャリスト集団

代表:なっちゃん
携帯サイト開発は実績・知識は豊富





カスタム検索


このブログをリンクに追加する