fc2ブログ

FC2動画


ブルーバックに腹立つ
VertrigoServ Windows Apache PHP MySQL ブルーバック

どうも、WindowsVistaVertrigoServの相性が、本当に良くない。

VertrigoServとは、
Windowsのパソコンに、

web開発環境を構築するためのソフトを、
一括してインストールできる便利なツールだ。

まず、webサーバとして必要なApache

サーバサイドのプログラムを実行するためのPHP

そして、データベースのMySQL


ほかにも、PhpMyAdminZend Optimizerなど、
レンタルサーバでインストールされているであろう、
最低限の環境は、このVertrigoServをインストールするだけで、
一発で利用可能になる。


まぁ、PHPのライブラリPEARは、
自分でインストールしないといけなかったと思う。
Apache/PHP/MySQLなどをWindowsに一発でインストールできる「VertrigoServ
リンク
VertrigoServ」環境のWindowsにPEAR経由でsymfony1.0をインストールするメモ
リンク
をご参考に。

これで、WordPressDrupalXOOPSなどのCMSや、
OpenPNEEC-CUBEなどのオープンソースのテストサイトを、

自分のパソコン上で構築できます。



で、タイトルの件だが、

インストールしてから度々ブルーバックで落ちてしまう。
ほとんど勝手に再起動するのだが、

ブルーバックの状態で固まり、
電源ボタンを5秒ほど長押しで、
強制終了をするケースがある。

HDDのクラッシュかと冷や冷やしてしまう。


たいてい、下記のケースで発生する。

起動した時に、
VertrigoServ
が表示され、
「Hide this window and start server」のボタンをクリックしたとき。


これを避ける方法として経験的に、
タスクトレーの「VertrigoServ」のアイコンをクリックし、
「Server」-「Start」とメニューを選択すると、回避できる。

最近、画像のボタンをクリックしても平気だったので、
WindowsUPDATEの再起動したあとに、
つい楽をして、
ボタンをクリックしたら、

悪魔のブルーバックが出た!
自分への戒めのためにブログに残した。

あと、長時間パソコンを使用していると、ブルーバックになる時がある。
スポンサーサイト




 | HOME | 

revoblog

Author:revoblog
Web(PHP Flex),Microsoft Accessのスペシャリスト集団

代表:なっちゃん
携帯サイト開発は実績・知識は豊富





カスタム検索


このブログをリンクに追加する